微睡日記

日々

夏の日

すぐに思い浮かぶのは

陽射しの強い8月の日だ

祖父はいつもの特等席のソファに座り

私も側にある同じ形のソファに座る

祖母の庭いじりを手伝って

水撒きを一通り終えた私は

クーラーがしっかりと効いたリビングで

汗が少しずつ引いていくのを感じていた

 

祖父は私の存在に気付きながらも

特に話しかけることも目線を配ることもなく

新聞をゆっくりと読んでいる

テレビもついておらず

只々蝉の鳴き声がこだまする中

暑かった外に目をやりながら

祖父とふたり

リビングの中での時間が過ぎてゆく

 

 

母亡き幼い私を

どれだけ可愛がってくれていたのか

あの頃の私は分からなかった

しかしあの静かな時間が

妙に頭の片隅から離れず

ふとした瞬間に

心を癒してくれていた

 

 

 

2017年9月3日

祖父は骨に成った

 

年齢にしては立派だと

係りの方に褒められたが

感情の表し方さえ分からなかった

 

祖母は何度も何度も祖父を呼んでいた

 

 

 

今日は昨日より肌寒い日で

夏の終わりを嫌でも感じた

沢山の行き交う人々に揉まれ

駅のホームに降り立って

前の人の背中を眺めながら

とぼとぼ歩く

 

祖父のいない世界になってしまったのに

誰一人知らないんだと思い知って

涙が止まらなかった

 

 

あの夏の日を

大切なあの人を

私だけは忘れない

 

日記をつける意味

悲しい時ほど文章が書きたくなる

心の内を何処かに晒すことで

少しのストレス解消になっているのかもしれない

 

この文章を見つける人は

本当に極々僅かだろう

読んで欲しい文章を載せたいなら

友人と繋がっているSNSに綴る

なのに此処に日記をつける意味はなんだろう

 

自分の中の承認欲求

かなりの天邪鬼だ

誰にも見られたくないけど

見て欲しいので

そんな日常を書いていきます